大阪で受けたたるみ治療はコラーゲンに働きかけるマシンでの治療

メスを使用しないサーマクールは徐々に作用し徐々に戻る

たるみの長期的な効果を期待すべく大阪のクリニックへメスを使用しないサーマクールは徐々に作用し徐々に戻る肌が少しずつ引き締まっていきたるみも気にならなくなった

施術後のパウダールームで、少しほてりのある肌は確認できたものの、どこに効果が出たのかその時は分かりませんでした。
作用をしてくるのはすごくゆっくりであり、その代わり元通りになるのもゆっくりです。
メスを使用しない切開をしないフェイスリフトと呼ばれている美容医療マシンであり、高周波の高熱エネルギーを皮膚深層に加えることで、元気がなかったコラーゲンを活発にさせて再生します。
顔に傷をつけないのはメスを使用しないためであり、コラーゲンは時間をかけて増えるので皮膚も若返る治療です。
非常に高い効果をたるみ治療に発揮すると言われてきたものの、問題点は施術時の痛みでした。

でもクリニックで採用をしているのは最新式のマシンであり、痛みを減らす機能を備えています。
一昔前のマシンよりも低い設定のエネルギーで、肌が活性化をする熱を十分に生じさせることができる機器での施術です。
ラジオ波のエネルギーを使った治療であり、皮下組織をマシンで加熱します。
高熱を加えると肌にダメージを受けると思ったもの、その熱エネルギーの負担が良い効果へと導く秘訣です。
コラーゲンは熱によるダメージで収縮をして再生成をすることになりますが、それには3ヵ月から半年ほどの時間がかかります。