大阪で受けたたるみ治療はコラーゲンに働きかけるマシンでの治療

たるみの長期的な効果を期待すべく大阪のクリニックへ

顔の輪郭が何となくぼやけたような印象を受けたのは、フェイスラインにたるみが生じたためでした。
エステサロンの引き上げメインのフェイシャルは、施術後にキュッと引きあがって速攻で鵜があります。
力を込めてエステティシャンが思い切り、顔の皮膚と筋肉を上へと引き上げるので、すぐに顔はスッキリしますが痛みが強いです。
1回で3万円はするフェイシャルエステであり、効果は翌日までなのでお値段の割には持続性がありません。
美容クリニックであればもっと長期的な効果が期待できると、大阪のクリニックで相談をしました。
これまで経験をしたエステでのたるみケアの施術は、即効性があるものの持続性には欠けることも話して、痛みが少なくて効果が出る治療をすることにしたのです。

シミと毛穴
→フォトシルク とマッサージピール
(表参道美容皮膚科原宿本院)

ボリュームロス、ほうれい線、かるいたるみ、アゴ作成
→靭帯ヒアルロン酸打ち・ボトックス
(六本木今泉クリニック)

照射はサーマクールとシュリンク(韓国)

どれが1番いいかとか難しいよね
相乗効果もあるからなぁ〜

— 笹本真理子 𝚖𝚊𝚛𝚒𝚔𝚘 𝚜𝚊𝚜𝚊𝚖𝚘𝚝𝚘 (@mistral_mariko) 2019年5月14日
切開をして縫い合わせるほどのひどいたるみではないため、外科的な手術を希望はしていません。
そこで提案されたたるみ治療が、医療機器を使用したサーマクールです。
全く痛みがないわけではないですし、熱が痛みとなって感じますが、効果のほどはエステとは比べ物になりません。
結論から言うと高い治療でしたが、やってよかったですし仕上りが不自然ではありません。
すぐにフェイシャルエステのように結果が見えるわけではなく、時間をかけてゆっくりと若返っていくような感じです。

たるみの長期的な効果を期待すべく大阪のクリニックへメスを使用しないサーマクールは徐々に作用し徐々に戻る肌が少しずつ引き締まっていきたるみも気にならなくなった